ONLINE STOREマネジメント > Vol.139 1人1顧問弁護士の時代へ

Vol.139 1人1顧問弁護士の時代へ

「弁護士ドットコム」がつくる、誰もが守られる社会

ジャンル:ダントツオーディオセミナー CD版 単品購入
法律事務所オーセンス 代表弁護士 オーセンスグループ株式会社 代表取締役社長  元榮 太一郎 氏(モトエ タイチロウ)
メディア:   CD
発売日:2011年5月25日

価格 ¥5,400(税込・送料無料) 販売終了

キャンセル待ち登録はこちら

あなたには、気軽に相談できる弁護士がいるだろうか? 「いる」と答えられる人はラッキーである。なぜなら、われわれは気付かぬうちに、いまだかつてない法的リスク社会に足を突っ込んでしまっているからだ。

ネット社会では、顧客も社員も同僚も、そして時には配偶者や友人ですら・・・トラブルが起これば、クリックひとつで法的に知識武装する。その結果、自分の「怒り」や「哀しみ」を「権利」に変えて、あなたに権利主張する。
さらに、商品や取引先を増やす場合には、常に常に、契約書作成だ。それを書いたり、修正したりする法的知識力がなければ、あなたの会社は、権利意識が日増しに高まっている法的リスク社会に、裸同然で身を投げることになる。

こうした問題を改善し、弁護士の存在を一挙にあなたに近づけてくれるのが、「弁護士ドットコム」である。問題は必ず起こる。顧問弁護士がいたとしても、相談できないことだって起こりかねない。そういうときに、真っ先に向かう場所になろう。

実は、このポータルサイトは、ビジネスモデルとしても面白い。人材派遣のようにマッチング成功報酬でもなく、広告モデルでもない方法で、プラットホーム型ビジネスモデルを成り立たせてしまった。
潜在客をどうやって誘引するのか? そして、他社が無料でやっているサービスをどう有料化するのか? そういった観点からも、あなたのビジネスを飛躍させるヒントを探せるだろう。

内容の一部をあげると…

  • ニーズの特徴をつかんで飛躍!「弁護士ドットコム」、ビジネスモデルの変遷
  • 訴訟社会を経て、予防法務型社会へ ― この過渡期を生き抜くには?
  • 弁護士サービスが生命保険化!? 有事の駆け込み寺から、平時に寄り添う身近な存在に
  • なぜ、アメリカでは訴訟問題が絶えないのか?
  • コンテンツは誰のもの? 知らなかったでは済まされない、契約社会の実態
  • ニッチからメインストリームへ! 成長マーケットで№1を目指すグローバルビジョン

教材内容

教材内容

■CD2枚組
Disk1・インタビュー前編 64 分
Disk2・インタビュー後編・3 倍速高速リスニングセッション 67 分
■インタビュー書き起こし冊子 58 ページ
■トラックリスト
Disk1
  1. 1. 法律相談ポータルサイト開設のきっかけ
  2. 2. “社会生活上の医師”としての役割を担うために
  3. 3. 広告モデルからユーザー課金モデルへ
  4. 4. なぜ、継続的に安定した収益が上げられるのか?
  5. 5. 知らないと損をする!? 弁護士との付き合い方
  6. 6. 誰もが気軽に利用できるサービスを目指して
  7. 7. 資格ありきではなく、使い勝手とニーズを重視
  8. 8. 日本が向かうべき予防法務型社会とは
Disk2
  1. 1. 法的な知識なくしては生き抜けない時代に
  2. 2. 活躍のフィールドを広げる弁護士ネットワーク
  3. 3. アジアへ事業展開し、成長市場を牽引する!
  4. 4. 神田昌典の今月の POINT
  5. 5. 3 倍速・高速リスニングセッション

PROFILE

元榮 太一郎 (もとえ たいちろう)
法律事務所オーセンス代表弁護士、オーセンスグループ株式会社・代表取締役社長。1975 年、米国シカゴ生まれ。1998 年慶應義塾大学法学部法律学科卒。1999 年司法試験合格。2001 年弁護士登録(第二東京弁護士会)。同年、アンダーソン・毛利法律事務所(現 アンダーソン・毛利・友常法律事務所)入所、M&A や金融ほか最先端の企業法務に従事。2005 年に独立開業し、法律事務所オーセンス設立。同年、オーセンスグループ株式会社を設立し、登録弁護士数が 2,800 名を超える日本最大級の法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」をはじめ、「司法書士ドットコム」「税理士ドットコム」「社労士ドットコム」を運営。著書・監修書に『刑事と民事 ― こっそり知りたい裁判・法律の超基礎知識』(幻冬舎新書)、『会社の法律がなんでもわかる本』(日本実業出版社)、『押さえどころ ネット商売をやる人の法律知識』(中経出版)、ほか多数。第二東京弁護士会・弁護士業務センター副委員長、日本弁護士連合会・若手法曹サポートセンター幹事。
TwitterID:@TaichiroMotoe

こちらの商品は別メディアでもお求めいただけます。

詳細

メディア:  

このページのTOPへ▲