ONLINE STOREその他 > Vol.210 ドローン市場の、すごい可能性

Vol.210 ドローン市場の、すごい可能性

ジャンル:ダントツオーディオセミナー CD版 単品購入
ドローン・ジャパン株式会社 取締役会長  春原 久徳 氏(すのはらひさのり)
メディア:   CD
発売日:2017年5月25日

価格 ¥5,400(税込・送料無料) 在庫:あり

キャンセル待ち登録はこちら

『ドローン市場の、すごい可能性
 いま、そこにあるテクノロジーを理解すると、
 巨大ビジネスがはじまる。』


いきなり結論から言うが
—— この対談を聞いたあとには、
ドローンは世界を変えるほどの
ビジネスチャンスを開いていることが分かるだろう。


もちろんハード本体を売るビジネスじゃない。
それはもはやオモチャ並みの価格だから旨味はない。

一方、リアルビジネスへの活用法は、
まだまだ黎明期。
誰もあまり完成したパッケージとして
提案できていない。

たとえば、ドローンを使って、
屋根点検・工事・外壁塗装
メンテナンス・映像制作……など。

容易に想像できたが、
B to B領域、工場内、倉庫内の点検、
また農業分野、建設分野で活用法を
パッケージ化すれば、
さらに大きな可能性が見えてくる。


しかも、それが「日本の産業競争力を
爆発的に高めるかもしれない……」
というおまけつきなのである。

日本は出遅れ、もはや海外企業には
勝てないだろう、というのが一般的な見方である。

しかしドローンビジネスが、
オセロの面を一気に変えうる
可能性を持っているのはどうしてか?

これを理解する鍵は、
ドローンは、飛び回る「蜂」ではないという
認識を持つことにある。

では、ドローンの本質とは、何なのか?
そして、そこからはじまる、巨大ビジネスの可能性は?

ドローン・ジャパン株式会社の春原久徳会長は、
元マーケッターだからこそ、
いま急速に進化するテクノロジーを、
あなたのビジネスに取り込んでいく
道筋を明らかにしてくれる。


新しい分野で、あなたが飛躍するための
マインドを一発注入してくれる、必聴のインタビューだ。

内容の一部をあげると……

  • 2030年、ドローン市場は1000億円に達する見込み
  • 農業・土木分野でのドローンの活用は無限大に広がる
  • 黎明期のビジネスほど楽しいものはない。果敢に挑め!

教材内容


■CD2枚組
Disc1・インタビュー前編 50分
Disc2・インタビュー後編、3倍速高速リスニングセッション 50分
■インタビュー書き起こし冊子

■トラックリスト
Disc1
  1. 1 3Dプリンターではなくドローンが熱い
  2. 2 人口減少社会での活躍が大いに期待される
  3. 3 空飛ぶ 「蜂」 ではなく小型のロボット
  4. 4 ドローンは高品質を保ちコストを削減する
  5. 5 海外では大学に「ドローン学科」ができた
  6. 6 陸海空で競うトライアスロンも開催予定
Disc2
  1. 1 2020年には自動運転のバス、タクシーが走る
  2. 2 他国と競合しても日本に勝ち目はある
  3. 3 神田昌典の今回のポイント
  4. 4 3倍速・高速リスニングセッション

■今回の内容の一部を試聴できます




PROFILE

ドローン・ジャパン株式会社 取締役会長
春原久徳 HISANORI SUNOHARA

1964年、東京都出身。
早稲田大学中退。

三井物産のIT系子会社で12年を経て、
日本マイクロソフトに
12年勤めマーケティングを担当。

PCやサーバーの市場拡大に向けて、
日本および外資メーカーと
共同で戦略的連携を担当。

2014年ドローンの業務活用のコンサルタントや
ドローンの講習会の企画を行う、
スプリングフィールド株式会社を創業。
同社代表取締役社長。

2015年ドローン・ジャパン株式会社を設立、
取締役会長に就任。
ドローン農業、ドローン教育、
ドローンコンサルティングを事業の軸とする。

またドローンの安全性を確立し、
技術発展を支える、
セキュアドローン協議会の会長も務める。
ドローンコミュニティ「ドローンクラスター」主宰。