ONLINE STORE企業戦略 > Vol.206 価格競争を永遠になくすスゴい方法

Vol.206 価格競争を永遠になくすスゴい方法

ジャンル:ダントツオーディオセミナー CD版 単品購入
株式会社ヤマグチ 代表取締役社長  山口 勉 氏(ヤマグチツトム)
メディア:   CD
発売日:2017年1月25日

価格 ¥5,400(税込・送料無料) 在庫:無し

キャンセル待ち登録はこちら

『粗利40% 21年連続黒字
 価格競争を永遠になくす
 ス ゴ い 方 法 』


町田に小さな家電店があり、
この店は住宅街の真ん中にある。

周囲には6店もの
大型家電量販店がひしめいている。

通常ならとっくに廃業だが、
驚くべきことに、
ここは月々の粗利が
なんと3000〜3500万円。

差別化できない家電製品を売り、
これだけの利益を確保している。


30年前と同じ小さな
家電店が存続・発展できる理由は、
いったいどこにあるのか?

「でんかのヤマグチ」の
山口勉社長に秘訣を聞くと、
究極のホスピタリティであった。

顧客への「裏サービス」があって、
「でんかのヤマグチ」の社員が
きめ細かく対応する。

旅行中は植物に水をやり、
ポストの郵便物を回収、
ペットに餌をあげにいくこともあるという。

その結果、
値下げは一切なくなるというのだ。

「なるほど、このインタビューは、
『おもてなし』の方法論を学べるのか?」と
思ったら、それも大きな勘違いだ。

実はその「おもてなし」を動機付ける
シンプルな指標があったのだ。

このシンプルな指標と、
社内への定着法
 ―― これが究極の教えである。

価格競争から脱却したいすべての会社は、
すぐに自社への導入を検討していただきたい。

内容の一部をあげると……

  • まちの家電店が安売りの
        価格競争から脱した方法とは?
  • お客さんが値引き要求を止めた
        「裏サービス」に学べ
  • 粗利40%を達成させた
        社長が行った10年の道のりに注目

教材内容


■CD2枚組
Disc1・インタビュー前編 53分
Disc2・インタビュー後編、3倍速高速リスニングセッション 43分
■インタビュー書き起こし冊子

■トラックリスト
Disc1
  1. 1 売り上げが落ちるなら粗利率を上げる
  2. 2 23歳で独立、移動修理店からのスタート
  3. 3 電卓の「÷」「6」「5」に印が付いているわけ
  4. 4 月次決算では遅い、日次決算を採用
  5. 5 10年かけて「裏サービス」を定着
  6. 6 世間が高齢化するなか新規客は毎月100人
Disc2
  1. 1 LG電子、ハイアールも視察に訪れる
  2. 2 一度入社したらパート従業員も33年勤続
  3. 3 神田昌典の今回のポイント
  4. 4 3倍速・高速リスニングセッション

■今回の内容の一部を試聴できます




PROFILE

株式会社ヤマグチ
代表取締役社長
山口 勉 TSUTOMU YAMAGUCHI

1942年東京都生まれ。
1965年に東京・町田市でパナソニック系列の
家電販売店「でんかのヤマグチ」を創業。

1996年に近隣へ大手量販店が
続々と進出したが、安売りをせずに
サービスで差を付ける「高売り」へと転換。

訪問営業を中心に
高齢者などに徹底して「御用聞き」する経営へ。

約8000人の顧客には
家電の枠にとらわれない
幅広いサービスを行う。

旬のカツオや男爵いもをプレゼントするなど、
毎週のように店舗でイベントを開催。

2015年道路拡張工事にともない店舗を移転。
パート・アルバイトを含む従業員は48名、
売上高約9億円、21期連続黒字を達成(2016年現在)。

このページのTOPへ▲