ONLINE STORE企業戦略 > Vol.205 5年後、粗利を2・5倍!

Vol.205 5年後、粗利を2・5倍!

ジャンル:ダントツオーディオセミナー CD版 単品購入
株式会社アットオフィス 代表取締役社長  大竹 啓裕 氏(オオタケタカヒロ)
メディア:   CD
発売日:2016年12月25日

価格 ¥5,400(税込・送料無料) 在庫:あり

キャンセル待ち登録はこちら

『5年後、粗利を2.5倍!
 同じ労力をかけるなら、
 いまから蓄積型ビジネスを選びなさい!』


いまふたつのビジネスがあるとする。
どちらもWeb制作で、月3件の受注をしている。
ひとつめの事業は、20万円で受注。
ふたつめの事業は、毎月2万円。

ここで質問だ。あなただったら、どっちを選ぶだろうか?

ビジネスを多少なりとも知っているなら、
毎月2万円の方を選ぶだろう −−
さらにあなたに考えていただきたいのは、
このふたつの事業は5年後に
どれほどの粗利の違いを生み出すか、
という問いである。

その答えをいえば、
前者が年間720万円に対して、後者が1824万円*。
なんと粗利ベースで、2.5倍を超える差が出てしまう!

この後者の、
定期的にキャッシュを生み出すビジネスを、
ストックビジネスと呼ぶ。

ストックビジネスは、儲かる。

そして成熟社会にも関わらず、安定する。

だから私は、今後、日本のビジネスは
すべてストックビジネスであるべき、
と考えているのだが、大きな問題がある。

それは、ストックビジネスに関する
情報が極めて限られている、ということだ。
なぜなら、それに詳しい方は
ストックビジネスだけで十分に生活できるので、
わざわざライバルを増やすために、
その事業構造について教えたり、
本を書いたりする必要がないからである。

しかし私は、例外を見つけた。
ストックビジネスの構築法を見事に体系化しながら、
それを教えることを始めた男である。

その人物とは、自ら18以上もの
ストックビジネスを立ち上げた男、
株式会社アットオフィス
代表取締役社長・大竹啓裕氏である。

大竹氏は、ストックビジネスを8つの課金モデルと、
17のビジネスモデルに分解した。
さらには、
「あなたがどのストックモデルを手掛けたらいいか?」を
判断する4タイプも今回、明らかにした。

これが解明されると、
いよいよストックビジネスが誰にとっても
実行可能な選択肢として、
活用しやすくなってきた。

本インタビューからストックビジネスを学び、
あなたも、5年後の収入を
2.5倍へと引き上げていただきたい。

内容の一部をあげると……

  • 自社の価値を高める
       ストックビジネスについて学ぼう
  • 働かずとも収入を得るには
       商品の「価値」を見直すこと
  • 10年後も稼ぎ続ける
       ストックビジネスは何が違うのか?

* 毎月3件ずつ受注が増え、その継続率は年80%。3年目から人件費として毎月60万円を計上。5年目からは同人件費は70万円として計上した場合。


教材内容


■CD2枚組
Disc1・インタビュー前編 48分
Disc2・インタビュー後編、3倍速高速リスニングセッション 50分
■インタビュー書き起こし冊子

■トラックリスト
Disc1
  1. 1 誰も話したがらなかった儲け話を披露したわけ
  2. 2 「ストックビジネス=不労所得」には寿命がある
  3. 3 ラーメンを飽きさせない工夫こそ“寿命管理”
  4. 4 ストックビジネスとは分割払いではない
  5. 5 視点やアプローチを変えると付加価値が見える
  6. 6 利益を出し続けるには「チューニング」が必須
Disc2
  1. 1 ストック化を見極める4つの分野
  2. 2 人生の後半戦はストックビジネスなしに戦えない
  3. 3 ビジネスのヒントはどこから得るのか?
  4. 4 神田昌典の今回のポイント
  5. 5 3倍速・高速リスニングセッション

■今回の内容の一部を試聴できます




PROFILE

株式会社アットオフィス
代表取締役社長
大竹啓裕 TAKAHIRO OTAKE

1963年福島県生まれ。

20代はセコム株式会社にてストックビジネスの営業を経験。
大手デベロッパーに転職。
オフィスビルの企画、1000社以上のリーシングを行い
オフィスビルの収益力を高める。

30歳でラーメンFCチェーン
株式会社花月食品(現グロービート・ジャパン株式会社)の
創業メンバーとして参画。
FC責任者として約250店舗を展開させ、
ラーメン業界大手に押し上げる。

2005年、不動産業界に革命を起こしたいと考え
42歳で株式会社アットオフィス代表に就任。
大人のレンタルオフィス「インスクエア」や
貸会議室「アットビジネスセンター」などを展開。

2016年現在、年商は11億円、
立ち上げた新規事業数は18件に上る。

株式会社ストック総研取締役会長、
非営利一般社団法人ハラル・ジャパン協会副理事長。
大竹アンドパートナーズ税理士事務所シニアコンサルタント。

このページのTOPへ▲