ONLINE STOREその他 > Vol.132 放送作家・安達元一の「行動的発想術」と「プレゼンテーション『空』」

Vol.132 放送作家・安達元一の「行動的発想術」と「プレゼンテーション『空』」

トンデモ行動が、視聴率 200% をつくる!

ジャンル:ダントツオーディオセミナー CD版 単品購入
作家  安達 元一 氏(アダチ モトイチ)
メディア:   CD
発売日:2010年10月25日

価格 ¥5,400(税込・送料無料) 在庫:あり

キャンセル待ち登録はこちら

『奇跡体験!アンビリバボー』『SMAP×SMAP』『ドラえもん』といった、日本人なら知らない人はいないであろうというテレビ番組の裏にいた男。手掛けた番組の1週間の合計視聴率が、なんと 200% を超えたことから、「視聴率 200% 男」と呼ばれる。それが今回のダントツ講師、安達元一先生である。

安達先生に掘り下げていただいたのは、ふたつだ。ひとつは、テレビを成り立たせるための、圧倒的な発想・企画法。そして、もうひとつは、その発想をもたらすチーム運営術。まず、あなたに知っていただきたいのは、テレビ番組を作る裏側である。ひとつの番組を作るのに、200 人もの集団が動くことになる。正社員だけではなく、さまざまな外部パートナーが、ひとつの場に流入する。パワーポイントによるプレゼンテーションがあるわけでも、プロジェクトを完了させるためのガントチャートがあるわけでもない。

いったい、どうすれば、これだけの混沌とした、多様な集団を巻き込む発想を行ない、仕事を完了させることができるのか? こうした発想の源泉を担っているのが、安達先生であるが、彼の本当のすごさは、「行動的発想術」であり、その発想を周りに植え付ける「プレゼンテーション『空』」にあったのである!!

内容の一部をあげると…

  • 企画と一見関係のない根源的な体験が重要 ― だが、「役立てようと思うな!」
  • 研究者たちの悲願達成! “研究のビッグバン”が起こるまでのフロー・プロセスに迫る
  • テレビ業界の成り立ちを、会社組織に当てはめてみると…
  • 思い通りにならないから、面白い。放送作家という仕事の本質、そして醍醐味とは
  • もっと脳に刺激を! 発想の幅を圧倒的に広げる、具体的な方法
  • テレビのノウハウとコラボすることで、とてつもないビジネスチャンスが生まれる!?

教材内容

教材内容

■CD2枚組
Disk1・インタビュー前編 67 分
Disk2・インタビュー後編・3 倍速高速リスニングセッション 59 分
■インタビュー書き起こし冊子 75 ページ
■トラックリスト
Disk1
  1. 1. “ハガキ職人”から放送作家へ
  2. 2. テレビ業界の成り立ち ― 番組が成立するまで
  3. 3. 大所帯を一気に動かすチーム運営のキモとは?
  4. 4. 発想の幅を広げる「ミステリーツアー」!?
  5. 5. 関連性のない体験の蓄積が企画の血肉に
  6. 6. 人間の本質に迫る! “安達流”企画法の極意
  7. 7. 場をつくって委ねる、説得しないプレゼン術
  8. 8. インターネットとテレビの相性は…
Disk2
  1. 1. 広告モデルは終焉!? テレビ番組の最新トレンド
  2. 2. 圧倒的影響力を、企業のプロモーション手段にも!
  3. 3. 神田昌典の今月のPOINT
  4. 4. 3 倍速・高速リスニングセッション

PROFILE

安達 元一 (あだち もといち)
株式会社モトイチエンタテインメント代表取締役。株式会社ブレインマックス取締役。
1965 年群馬県生まれ。早稲田大学社会科学部卒。
『踊る!さんま御殿!!』『奇跡体験!アンビリバボー』『SMAP×SMAP』『とんねるずのみなさんのおかげでした』『たけしのコマネチ大学数学科』『ドラえもん』などのヒット番組を数多く構成する放送作家。
1 週間の担当番組の合計視聴率が 200% を超えたことから「視聴率 200% 男」の異名を持つ。第 42 回ギャラクシー賞大賞、国連平和映画祭 2007 特別賞、第 49 回国際エミー賞受賞。

小説デビュー作『LOVE GAME』(幻冬舎)がドラマ化され話題になる。『痛妻』(幻冬舎)、『「できる人間」を目指すなら、迷うのはやめよう』(本田直之氏との共著)、『伝説のキャバ嬢コンサルタント舞ちゃんの世界一たのしい社長の教科書』(岡本吏郎氏との共著)(ともにアスコム)、『一億稼ぐ!放送作家になる』(ゴマブックス)、『視聴率 200% 男』(光文社)、など著書多数。近著、幸せになる方法を小説化した『ワタシ怖いくらい前向きです』(ポプラ社)が好評。

こちらの商品は別メディアでもお求めいただけます。

詳細

メディア:  

このページのTOPへ▲